AV女優になりたい女性向け!AV女優になる方法、なり方、デビューするまでを徹底解説!

AV女優になりたいけどなり方がわからない、なるきっかけがないという女性に向けて、どうやって応募したらいいか、プロダクション/事務所の選び方、メリット・デメリット、デビューするまで等、AV女優になる方法、なり方を詳しくお伝えしていきたいと思います。

AV女優になりたい動機

「AV女優になりたい」と思う女性は一般的にどのようなことを考えていることが多いのでしょうか。

二葉エマ
  • 憧れているAV女優さんみたいになりたい
  • AV鑑賞が大好きで業界に興味がある
  • 芸能人になるのは無理だけど有名になりたい
  • プロのAV男優さんと絡んでみたい
  • すぐにお金をいっぱい稼ぎたい
  • いっぱい稼ぎたいけど風俗はイヤだ
  • 整形して別人のように綺麗になりたい

AV女優募集の面接に来た女性に、なぜAV女優になりたいのかを聞くと上記のような理由がほとんどを占めます。そこで次の項目ではAV女優になるメリット・デメリットを紹介いたします。

AV女優になるメリット・デメリット

普通の女の子がAV女優デビューすることによって考えられる一般的なメリットとデメリットを一部紹介いたします。

メリット

  • 高収入が得られる
  • プロの男優のテクニックを体験できる
  • プライベートではありえない色々な体験ができる
  • ファンが応援してくれる
  • フォロワーがたくさん増えて影響力が出る

デメリット

  • 知人などにバレることも
  • 彼氏に罪悪感を感じることも
  • アンチや嫌なファンができることも
  • 思っていたより人気が出ないことも
  • 思っていたより稼げないことも

AV女優の種類ともらえるギャラ(出演料)について

AV女優は高収入というイメージがあると思いますが実際はどれぐらい稼げるのでしょうか。AV女優には大きく分けて3つ種類があり、それにより稼ぎ方が変わります。簡単に説明します。

単体女優

AVメーカーとの専属契約で、作品の主役として撮影します。

月に1回撮影

1回あたり50万円~150万円ほど

企画単体女優

主役または準主役として、どのメーカーとも撮影できます。

月に何度も撮影可能

1回あたり10万円~30万円ほど

企画女優

素人設定や、多数出演する中の1人、またはエキストラです。

月に何度も撮影可能

1回あたり1万円~10万円ほど

AV女優についてもっと詳しく

単体、企画単体の有名女優になると、企業やアプリなどの商品広告のイメージモデル、パチンコ台になる、ゲーム出演など、AV以外にも1回100万円以上の高額なお仕事依頼が来ることもあります。

ギャラの決まり方

デビュー時は主にルックス、肩書き(元芸能人など)で最初のギャラが決まり、デビュー以降は出演作品の売上実績によってギャラの増減、撮影依頼の本数、専属契約の場合は契約延長の有無などが変動していきます。AV女優で稼ぎ続けていくには作品の売上がとても重要です。
基本的にギャラはメーカーと事務所が交渉して決めます。事務所が相場よりも高すぎる金額を提示したらメーカーは断って他の女優さんを撮りますし、メーカーから相場より安すぎる金額を提示されたら事務所は他のメーカーに売り込みに行きます。
※メーカーと事務所の取引の実績により多少金額や契約が有利になることもあります。

協議して決まった金額のうち、女優さんの取り分は下記のようになることが多いです。

応募

直接プロダクション/事務所に応募で来た女優さんの場合

50%

紹介

スカウトや紹介サイト/お悩み相談サイトからの紹介で来た女優さんの場合

40%以下

なぜ「応募で来た場合」と「紹介で来た場合」で取り分が変わってしまうのか、次の項目で詳しく説明します。

AV女優のなり方

AV女優になるためにはまず「AVプロダクション/AV事務所」と契約します。タレント、モデル、芸人などが所属する芸能プロダクションの一種で、AV女優を専門に扱っています。契約するとマネージャーが付いて、AVメーカーへの売り込みやギャラ交渉などのマネージメントをしてくれます。
※ベテランAV女優になるとハードルは高いですがフリーランスになるという選択肢もあります。

AVプロダクション/AV事務所は大小併せて50社以上あり、その中から自分に合ったところを探して選ぶことになりますが、それはとても大変で面倒くさいと思います。

紹介について

事務所探しが面倒くさいからといって街で声を掛けてきた「スカウトマン」(違法行為)や、スカウト会社が運営している「紹介サイト/お悩み相談サイト」(AV紹介の他にも風俗や水商売紹介などもあります)、ホスト、他事務所のモデルさんなどから紹介してもらうのはおすすめしません。
※「紹介サイト/お悩み相談サイト」とはバニラなどの直接自分で応募する求人サイトとは違い、紹介してもらう、または悩み相談してもらう流れから最終的には紹介する形式です。

なぜ、紹介をおすすめしないかの理由についてはAV女優の移籍についての「紹介をおすすめしない理由」という項目で紹介していますのでご参考にしてみてください。

紹介をおすすめしない理由

上記をご覧いただくとわかりますが、「紹介で始めた」「応募で始めた」の違いだけで、のちのち収入に大きく差ができてしまう可能性があります。
自分で「AV女優になりたい!」と決断したのですから、安易に紹介に頼ることはせずに、直接事務所に応募することをおすすめします。

歌舞伎町

プロダクション/事務所の選び方

単体が多い、素人系が多い、熟女が多い、面白いイベントや企画をやっている、など事務所によって特色や専門があります。応募でAVデビューするにあたって、自分に合ったプロダクション/事務所の探し方のポイントをいくつか紹介いたします。

  • 好きな女優さんがいる
  • 人気・有名な女優さんが多い
  • HPがしっかりしている
  • SNSでの雰囲気が良い、楽しそう
  • 自分と年齢層が合っている
  • 自宅から近い
  • 女優さんのSNSでの事務所の感想が良い

大手、中小のメリットデメリット

事務所は大手、中小のどちらが良いのか悩むところだと思います。それぞれのメリット・デメリットについてはAV女優の移籍についての「大手事務所が安心?」という項目で紹介していますのでご参考にしてみてください。

大手事務所が安心?

求人サイトの表記について

バニラなどの高収入求人サイトでは多数のプロダクションがAV女優募集の広告を掲載しています。こういった高収入求人サイトで探すのも一つの手ですが、各社の求人内容は他社との差別化を図るため、他社よりも金額を高く高くと、大げさに書いてあり、あまり参考にならないかもしれません。

事務所A

1回で200万円以上可!

事務所B

2日間で250万円!

事務所C

1回で300万円!

凄いですね、そのうち1回500万円以上という事務所が出てくるかもしれません。
でも現実は元芸能人やモデルなどの肩書きがない限り、デビュー時にこのような金額はもらえません。もし、問い合わせや面接時に「これぐらい稼げます」と言われたとしても、実際にお仕事依頼が来たら、色々理由を付けて相場の金額を提示されます。
応募で来た女優さんの稼げる金額は事務所によってそこまで大きく変わることはないのです。なぜならギャラを決めるのは基本的にはAVメーカーです。その人のAV作品を販売して利益が出せると予想できる金額までしかギャラは出ません。それなのに事務所によって金額が大きく変わるのはおかしいですよね?(交渉力や付き合いによって多少の金額差はあります)

また、女優さんの取り分が60%や70%と多めに設定されている場合は、無名で事務所の魅力に自信がなく(所属女優も少ない)、結局取り分が多かったとしても仕事依頼が少ない場合がほとんどです。倒産や未払いのリスクも付きまといます。

求人サイトに書いてある目先のギャラの金額や条件ばかりを気にせずに、それ以外の部分で事務所を選ぶようにしましょう。

AVデビューするまで

「AV女優になりたい」と思ったときに、実際にどのように行動すればいいのか、AV女優としてデビューするまでを説明いたします。

01

自分に合った事務所を選ぶ

まずは事務所を選びましょう。好きな女優さんがいる、雰囲気がよさそう、HPがしっかりしている、いっぱいお仕事依頼がありそう、大手で有名になりたい、中小で目立ちたい、などなどプロダクション/事務所の選び方を参考にしてみてください。

02

応募

事務所のHPから応募しましょう。LINE、メール、電話の中から、連絡しやすいツールでOKです。ほとんどの事務所は全て対応しています。先に聞いておきたいことがあれば質問しておきましょう。

03

事務所の面接

面接では、どんなAV女優になりたい、何ができて何ができない、スケジュールについて、などを詳しくお話しします。最近はLINEなどのビデオ通話による面接も対応しているところがありますので、忙しい方や地方にお住まいの方は上手く活用しましょう。
何社か面接に行くのも手ですが、良いことばかり言ったり、強引に話を進めるような事務所には気を付けてください。

04

メーカー面接まわり

事務所と契約したら、次はお仕事をもらうために、あなたに合ったAVメーカー何件かにマネージャーと一緒に面接に行きます。その後、気に入ってもらえたメーカーからマネージャーにお仕事依頼が来ます。内容、金額を聞いて納得すればお仕事決定です。

05

撮影当日

いよいよ撮影です。緊張すると思いますが、デビュー作では緊張した様子が売りのひとつでもありますので安心してください。お仕事後の感想は楽しかったという意見が多数です。撮影後、ギャラが支払われます。

06

AV女優デビュー

AV女優としてのデビューは撮影当日ではなく、デビュー作品の発売日です。メーカーによって違いますが、撮影日から3~4か月後に発売することが多いです。作品が大ヒットすると、後日メーカーからインセンティブが支払われることもあります。
※デビュー作の撮影から作品の発売日までの間にも次の撮影はできます。

AV女優になる方法まとめ

よく考えずに紹介でデビューしたり、自分に合わない事務所に入って後悔してしまった場合は事務所を移籍することもできます。→AV女優の移籍について
とはいえ、手間がかかるうえにリスクもあるため、後悔がないようにデビューするのが一番です。そのためにはこのページを参考に、自分に合ったベストなAVプロダクション/AV事務所を選びましょう。

AV女優の求人募集中!

ライフプロモーションではAV女優デビューしたい女性募集中!未経験者、歓迎しております。※違法スカウトとの取引は一切ありません